入院・治療の流れ、治療後のこと

知っているから笑顔になれる

治療当日の準備

治療当日の準備

カテーテルアブレーションの治療中に、電気刺激や薬による刺激で、意図的に心臓を拍動させたり、不整脈を起こしたりする場合があります。そのため、動悸や脈が途切れる感じがすることがありますが、心配はいりません。また、発作が誘発された場合も、電気刺激装置で停止させることができますので安心してください。薬の作用により、動悸、のどが渇く、目がチカチカするなどの症状が現れることがありますが、薬の効果がなくなれば症状はおさまります。

安全に治療ができるよう、手術中はなるべく体を大きく動かしたり、咳払いをしたりしないようにしてください。体がかゆいなど姿勢を変える必要がある場合は、その場で医療スタッフに伝えてください。

手術後は、一過性の血圧低下が生じ、気分が悪くなることがあります。治療を受けた日は、ベッドの上で安静にして過ごしてください。挿入部位からの出血がないかどうか、心電図の異常や合併症の症状がみられないかどうかなどを、医療スタッフがチェックし、問題がなければ翌日からベッドを離れて歩くことができます。