心臓のこと、不整脈のこと

知っているから安心できる

心臓の働き

心臓の働き

心臓は全身に血液を送り出すポンプのはたらきをしています。1日に約10万回、心臓は24時間休むことなく、収縮と拡張を繰り返しています。心臓はこぶしほどの大きさで、心筋(しんきん)という特殊な筋肉でできています。中には4つの部屋があり、上側のふたつはそれぞれ左心房、右心房、下側のふたつは左心室、右心室と呼ばれています。この4つの部屋がリズミカルに拍動を繰り返すことで、心臓から全身に効率よく血液を送り出すことができます。血液は全身をめぐり、体の細胞に必要な酸素と栄養分を供給します。