心臓のこと、不整脈のこと

知っているから安心できる

不整脈の原因

不整脈の原因としてまずあげられるのは、加齢です。年齢を重ねるにつれて、刺激伝導系の働きが低下し、不整脈が生じやすくなるといわれています。また、生まれつき刺激伝導系に異常を認めるような、体質的な原因もあります。

心筋梗塞や心筋症などの心臓の病気は血管や心筋の病気であり、刺激伝導系の病気である不整脈とは別の病気ですが、心臓の病気があると、二次的に電気系統の異常が生じて不整脈が出やすくなります。その他に、心不全や高血圧、糖尿病などの病気も、不整脈のリスクとなります。また、病気の治療のために服用している薬が、不整脈を誘発することもあります。

ストレス、睡眠不足、疲労、喫煙、飲酒などによっても不整脈は起こりやすくなります。