入院・治療の流れ、治療後のこと

知っているから笑顔になれる

治療時間と入院期間

治療時間と入院期間

カテーテルアブレーションを受けるための入院期間は、おおよそ2泊3日から1 週間程度です。患者さんの体調や不整脈の種類により入院期間は異なります。

治療の施術にかかる時間は、個人差もありますが1 時間から5 時間程度です。外科的な手術とは違い、カテーテルを入れる部位に数ミリほどの小さな傷がつく程度で、特別な異常がなければ、治療の翌日からベッドを離れて歩くことができます。